そのネックレス大丈夫?「喪服でもOK」アクセサリーの選び方

 

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
ハルカと申します。 子供二人を子育てしながらパートに奮闘する毎日。 ご縁があって斎場で働いていますが、葬祭については初めて知る事も‥。 仕事の経験を活かして、冠婚葬祭のおやくだち情報を発信するサイトを作りました。 なるべく分かりやすく、簡単に説明できるブログを目指したいと思います。

お通夜やお葬式の時に気になるのが「アクセサリー」
お悔やみの席でのアクセサリー選びにも、マナーがあるんです。

  • 喪服を着たときは、ネックレスはどれを選べばいいの?
  • 指輪やイヤリング、ピアスはOK?
  • 色や形は?

しっかりチェックして、マナー違反にならないように気をつけましょう。

お葬式のマナー「アクセサリー」の選び方

一般的にお通夜やお葬式の時は、喪服を着用します。

着物(和装)の場合は、アクセサリーは着けないのがマナーとなっています。
結婚指輪以外は外しておきましょう。

お葬式でつける「ネックレス」の選び方は?

洋装の場合、ネックレスをつけなくても失礼にはなりません。
必ずしも必要ではないんです。
つける場合はパール(真珠)のネックレスを選ぶのが無難です。

お通夜,葬儀,お葬式,ネックレス,真珠,パール

真珠は「涙のしずく」と言われていて、多くの宝石の中でも控えめな物になります。
悲しみを表してくれるので、お悔やみの席にもふさわしいんですね。

色:白やグレー、黒
粒の大きさ:7mm~8mm程のもの
粒の形:真円に近いもの
長さ:40cmぐらいの短いもので、一連のもの

パール(真珠)のネックレスは、必ず一連の物を選びます。

二連以上のネックレスは「不幸が重なる」と言われているので、身に着けてはいけません。
粒が大きすぎるものも、カジュアルに見えるのでNGです。

もし葬儀用のネックレスを持っていないのなら、1つ購入しておくと安心ですよ。
喪服を購入する時に、一緒に揃えておきましょう。

お葬式,お通夜,葬儀,パールのネックレス,写真

私が持っているパールのネックレスです。
高校卒業のお祝いで叔母から戴いたものです。


金具がシルバーなのが分かるでしょうか?
葬儀では、パールのネックレスでも、ゴールドの金具は適さないので注意しましょう。

冠婚葬祭用のネックレスは、成人のお祝いに送るのも良いですね。
1つあると、とても重宝します。

お葬式で「イヤリング・ピアス」はつけてOK?

 

葬儀,お通夜,お葬式,イヤリング,ピアス

イヤリングは、昔はつけてはいけないとも言われていました。
最近はつけるかたもいますが、地域や家の習慣によっては非常識になることも。
迷ったらつけないほうが無難です。

もしイヤリングをつけるなら、一粒タイプの物を選びます。
色は白のパールでも大丈夫ですが、グレーや黒の物の方がより目立ちません。

顔周りにつける物は、どうしても華やかな印象になってしまいます。
お悔やみの席ですので、なるべく地味目の物を選ぶようにしましょう。

ピアスはイヤリングよりもカジュアルな印象になってしまいます。
一粒真珠のピアスならOKな地域もあれば、ピアス自体が避けられる地域も。

分からない時は、付けないほうが無難です。

金具がゴールド、揺れるもの、複数のパールが付いている物もNGです。

ダイヤなど他の宝石が付いているイヤリングは、派手な印象になるのでつけません。

お葬儀の時「指輪」はつけるもの?

葬儀,指輪,結婚指輪

お葬式やお通夜で、指輪は結婚指輪以外はつけません

もしダイヤや宝石がついている場合は、内側に回してつけるのも1つの手です。

ファッション用のリングはNGです。。

ネイルアートはどうしたら良い?

キレイなネイルアートも、葬儀の場では不謹慎になってしまいます。

落とせるのであれば、マニュキュアを無くして参列しましょう。

どうしても落としたくない場合は、ネイルアートをカモフラージュできるマニュキュアも利用すると良いですね。

▼ネイル用コンシーラー

お葬式のマナー「アクセサリー」の選び方まとめ

お通夜やお葬式は、お悔やみの席です。
基本的には、アクセサリーはつけなくても失礼になりません。

どうしてもアクセサリーを付ける場合は、パール(真珠)のネックレスが無難です。
真珠の色や大きさ、ネックレスの長さにも気をつけましょう。

ただし、葬儀のマナーは地域や宗教によって大きく異なります。
迷った場合は、周りの年配者に確認しておくと安心ですね。

▼葬儀の服装マナーについての記事もチェック

お葬式のマナー「バッグはどうする!?」選び方のポイントをチェック

お葬式の服装マナー「靴・ストッキング」はどうする?

▼お葬式のメイクマナーは、こちらの記事もどうぞ

お葬式のマナー「メイクはどうする?」6つのポイントをチェック

この記事を書いている人 - WRITER -
ハルカと申します。 子供二人を子育てしながらパートに奮闘する毎日。 ご縁があって斎場で働いていますが、葬祭については初めて知る事も‥。 仕事の経験を活かして、冠婚葬祭のおやくだち情報を発信するサイトを作りました。 なるべく分かりやすく、簡単に説明できるブログを目指したいと思います。
 

Copyright© 冠婚葬祭おたすけブログ , 2018 All Rights Reserved.