2018/06/02

お葬式の服装マナー「靴・ストッキング」はどうする?

 
お葬式,お通夜,服装,マナー

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
ハルカと申します。 子供二人を子育てしながらパートに奮闘する毎日。 ご縁があって斎場で働いていますが、葬祭については初めて知る事も‥。 仕事の経験を活かして、冠婚葬祭のおやくだち情報を発信するサイトを作りました。 なるべく分かりやすく、簡単に説明できるブログを目指したいと思います。

こんにちは、ハルカです。

斎場のレストランで働いていて思うのが「服装って大事だな」という事。
特に葬儀に関しては、急な事が多いですよね。

あらかじめブラックフォーマルの服を用意していると、慌てることもありません。

今回はお通夜やお葬式での服装のマナーで、忘れがちなポイントをチェックしてみたいと思います。

お通夜・お葬式の服装「くつ」って意外と見られてます!

お通夜や葬儀のときには、ブラックフォーマル(喪服)を着るのが一般的です。

詳しい服装のマナーについては、またの機会にお話しますが、服の他に大切なのが「くつ」なんです。

ブラックフォーマルを着る時の靴は、一般的には「黒」で華美でないもの。
男性は、黒の革靴になります。

特に注意したいのが、女性の場合です。

女性の礼服に合わせた靴は、ヒールの高くない黒のパンプスが無難です。
光沢があったり、飾りの多い物は避けたほうが良いですね。

斎場で見ていると、たまに黒のブーツやミュールで来るお客様がいます。
せっかく喪服を着ているのに、足元だけ目立ったしまうんですね。

黒いパンプスは、使う機会が少ないかもしれませんが1足あると安心です。
急に必要になっても慌てないように、あらかじめ準備しておきたいですね。

お通夜やお葬式のマナー「タイツ」はOKなの?

合わせて用意しておくと良いのが靴下類です。
「黒の靴下やストッキング」のことですね。

男性は黒の靴下を用意しておきましょう。

女性の場合、お通夜や葬儀用のストッキングは20デニールが主流です。
肌が透けるぐらいの黒のストッキングが一般的。

夏に多いのが、黒のストッキングだけど柄入りの物をはいている方。
ラメ入りも、実はかなり目立ちます。
柄やラメの無い、通常の黒ストッキングを選ぶのが無難ですよ。

気になるのは「タイツはOKなのか?」ということ。
冬の葬儀はとっても冷えます。
冷え性の私は、通常の薄いストッキングだと足が冷えるんです。

でも喪服にタイツをはくのはマナー違反です。
色が黒であっても、タイツはカジュアル衣料なのでNGになります。

どうしても寒い時は、30、40デニールのストッキングがおすすめです。
透け感によっては20デニールに近いので、少しは寒さ対策になりますよ。

冬用に、ちょっと厚めのストッキングを準備しておくと安心ですね。
私はよくストッキングが電線するので、1枚多めに用意してます。

葬儀の服装マナーまとめ

お通夜やお葬式は、急に準備が必要になります。
当日は思った以上にバタバタするもの。
あらかじめ一式を揃えておくと、他の準備に集中できます。

ブラックフォーマルの服だけでなく、足元の準備も忘れずに。
靴やストッキングは、高価なものでなくても大丈夫です。
セール時期に、まとめて購入しておくのも良いですね。

葬儀に出席する時は、メイクやアクセサリーのマナーも大切です。

▼葬儀のマナー「メイク編」の記事はこちら

お葬式のマナー「メイクはどうする?」6つのポイントをチェック

▼葬儀のマナー「アクセサリー編」の記事もどうぞ

そのネックレス大丈夫?「喪服でもOK」アクセサリーの選び方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハルカと申します。 子供二人を子育てしながらパートに奮闘する毎日。 ご縁があって斎場で働いていますが、葬祭については初めて知る事も‥。 仕事の経験を活かして、冠婚葬祭のおやくだち情報を発信するサイトを作りました。 なるべく分かりやすく、簡単に説明できるブログを目指したいと思います。
 

Copyright© 冠婚葬祭おたすけブログ , 2018 All Rights Reserved.