2018/07/01

お葬式に出られない!「お悔やみ電報」選び方のマナーまとめ

 
お葬式,電報,弔電,お悔やみ電報,選び方,送り方,マナー

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
ハルカと申します。 子供二人を子育てしながらパートに奮闘する毎日。 ご縁があって斎場で働いていますが、葬祭については初めて知る事も‥。 仕事の経験を活かして、冠婚葬祭のおやくだち情報を発信するサイトを作りました。 なるべく分かりやすく、簡単に説明できるブログを目指したいと思います。

訃報は突然やってくる事が多いですよね。

事情があって、お通夜や葬儀に出席できない事も。

そんな時、まずは「電報」を打ってお悔やみの言葉を伝えます。

  • でも、電報ってどうやって打つの?
  • お悔やみの文章は?
  • お悔やみ電報の料金や支払い方法は?

実際に私が使った、「お悔やみ電報」(弔電)の選び方と送り方を紹介します。

お葬式「お悔やみ電報」の選び方

電報と言っても、実は送る方法は色々とあります。

私の場合は、「早く送らなきゃ!」と焦っていたので、とっさに思いついた郵便局の電報サービスを使いました。

でも後から調べてみると、NTTや郵便局の他に、各種ネットサービスでも、電報が送れたんです。

高級感のある電報や、線香付きなど色々な種類があるので、一度チェックしてみると良いですよ。

NTTの電報サービス

NTTの弔電(お悔やみ電報)は、インターネットか電話で申し込みます。

⇒NTT西日本 公式サイト

⇒NTT東日本 公式サイト

受付時間:24時間・年中無休

電話での申し込み:115(局番なし) 固定電話or携帯電話(電話料金は無料)

 

郵便局(レタックス)

⇒郵便局(レタックス)公式サイト

受付時間:24時間・年中無休

郵便局窓口:専用の原稿用紙に記入して申込み。

※ポスト投函・郵便局へのFAX・電話での申し込みもできます。
詳しくは、郵便局の公式サイトで確認して下さいね。

その他の電報サービス

NTTや郵便局の電報より、種類が多い電報サービスもあります。

線香付きや刺繍、献花の申込みができる所もあります。

VERY CARD


電報を送る前に確認すること

訃報の連絡を受け取ったら、以下のことを確認します。

  • 通夜・葬儀の時間と場所
  • 喪主様のお名前
  • 故人のお名前
  • 宗教

お悔やみ電報はいつまでに送る?

お通夜や葬儀への参列が出来ない為に送るものなので、通夜の日までに送ります。

遅くでも葬儀や告別式に間に合うように、当日午前中までに届くように送るのがマナーです。

電報は、葬儀・告別式で読み上げられます。

お悔やみ電報の宛先は?

お悔やみの電報は、喪主に宛てて出します。

喪主が分からない時は、「故〇〇様ご遺族様」と書きます。

斎場に送る場合は、斎場の住所に加えて「〇〇斎場気付」と書きます。

差出人欄に書くこと

差出人の欄には自分の氏名を書きますが、喪主の方と面識が無い場合もあります。

その時は、先方で差出人と故人の関係が分からない事も。

氏名の他にも、団体名や肩書、電話番号も加えておくと良いですね。

「お悔やみ電報」料金と支払い方法

お悔やみ電報の料金は、各電報会社によって違います。

一般的に、「メッセージ代+台紙代+オプション代+消費税」が料金の内訳になります。

支払い方法は、ネットの場合はクレジットカード払い、電話からの申し込みは毎月の電話料金と一緒の支払いの所が多いです。

郵便局窓口での申込みの場合は、現金か郵便切手で料金を支払えます。
※ポスト投函の場合は、料金相当分の切手を貼って支払ます。
※郵便局へのFAXや電話での申し込みは、料金後納になります。
事前に郵便局で料金後納承認請求の手続きが必要です。

お葬式の「お悔やみ電報」送り方のまとめ

お通夜やお葬式に出席したいけど、どうしても行けない場合もあります。

そんな時は、お悔やみの電報(弔電)を送りましょう。

NTTや郵便局だけでなく、ネットなら色々な電報サービスがあります。

故人や遺族の方の失礼にならないように、心を込めて送ると良いですね。

電報の内容は、簡潔に書きます。

例文についての記事も、参考にしてみてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハルカと申します。 子供二人を子育てしながらパートに奮闘する毎日。 ご縁があって斎場で働いていますが、葬祭については初めて知る事も‥。 仕事の経験を活かして、冠婚葬祭のおやくだち情報を発信するサイトを作りました。 なるべく分かりやすく、簡単に説明できるブログを目指したいと思います。
 

Copyright© 冠婚葬祭おたすけブログ , 2018 All Rights Reserved.