2018/08/02

初盆の提灯を贈らなきゃ!価格の相場や送る時期は?

 
初盆に贈る盆提灯の相場と送る時期について

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
ハルカと申します。 子供二人を子育てしながらパートに奮闘する毎日。 ご縁があって斎場で働いていますが、葬祭については初めて知る事も‥。 仕事の経験を活かして、冠婚葬祭のおやくだち情報を発信するサイトを作りました。 なるべく分かりやすく、簡単に説明できるブログを目指したいと思います。

初盆は、故人が初めて故郷に帰って来る大切な行事。

中でも盆提灯は、故人の魂が迷わず戻って来られるように、という目印になります。

私も祖母のために盆提灯を贈ったのですが、色んな種類があって迷いました。

この記事では、盆提灯を贈る「時期や価格の相場」について紹介します。

親族から贈る風習のある盆提灯。

早めの準備が大切ですよ。

スポンサーリンク

初盆の提灯「いつまでの時期」に贈ればOK?

初盆の提灯はいつまでに贈る

初盆は、新盆(にいぼんはつぼん、あらぼん)とも呼ばれ、「四十九日が過ぎて、初めて迎えるお盆」の事を言います。

お盆の前に四十九日を迎えた場合は、その年に。

お盆中を過ぎてから、四十九日を迎えた時は、翌年のお盆になります。

故人の命日ではなく、「四十九日の日」が基準なので、注意しておきましょう。

新盆の提灯は、「お盆の1週間前までには届く」ように贈ります。

お盆の1~2週間前に届くと、ちょうど良いですね。

気を付けたいのは、お盆の時期です。
じつは、お盆の時期は地域によって差があるんです。

7月の地域と、8月の地域があるので、相手のお盆の時期を確認しておきましょう。

【お盆の時期】

7月:7月13日~7月16日
8月:8月13日~8月16日

 

初盆の提灯「価格の相場」をチェック

初盆の提灯代の相場

白提灯の相場

お盆の提灯には、初盆の時のみに飾る「白提灯」とそれ以外の「盆提灯」があります。

白提灯は、一般的に遺族が用意します。

相場は一対で1万円ぐらいの物が多く、豪華なものもあります。

初盆限りで、1回しか使わないので、価格と相談して購入すると良いですね。

盆提灯の相場はいくら?

盆提灯は、一般的に親戚や兄弟、知人などが贈る風習があります。

白提灯と違って、毎年使い回して使う事が多いですね。

相場は一対で1万円~で、豪華な物ほど金額も上がります。

私が祖母に送った時は、一対2万円ほどだったと思います。

大きいものは収納場所に困るかな、と思ったのでコンパクトな提灯を選びました。

↓こんな感じの盆提灯です。

電気式のちょっとオシャレなタイプにしたら、とても喜ばれましたよ。

今は、LEDコードレスの提灯も増えています。
置くタイプから吊るタイプの提灯、家紋入りなど様々です。

仏具屋さんが近くにない場合は、通販店も多いので活用すると良いですね。

楽天市場で調べると、セールで40%OFFの物もありました。

早めにチェックしておくと、良いものがリーズナブルな価格で贈れますよ。

▼楽天市場で見つけた盆提灯▼

初盆で「提灯を贈る時」の注意点

盆提灯代を贈る,御提灯料はどうする

お盆用の提灯を贈りたいと思っても、故人の家族から辞退されることもあります。

提灯を置く場所や、すでに他で手配されている場合もありますよね。

私が祖母のために盆提灯を贈った時も、母に確認してから購入しました。

もし盆提灯を辞退されたら、提灯代として現金を包みましょう。

→初盆のマナー「盆提灯代」金額の相場と贈り方

提灯にこだわらず、供養の気持ちを込めて贈る事が大切ですね。

まとめ

初めて迎えるお盆には、準備することも多いものです。

故人を偲ぶ思いを込めて、盆提灯の準備も早めにしておくと良いですね。

盆提灯は、今はオシャレなものも増えています。

絵柄盆提灯や和紙を使った伝統工芸品など、故人を思い浮かべて選ぶのは良い時間でしたよ。

提灯を贈らない場合は、代わりに提灯代を用意しましょう。

供養をする気持ちを届けることが、遺族にとっては何より嬉しいものですから。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハルカと申します。 子供二人を子育てしながらパートに奮闘する毎日。 ご縁があって斎場で働いていますが、葬祭については初めて知る事も‥。 仕事の経験を活かして、冠婚葬祭のおやくだち情報を発信するサイトを作りました。 なるべく分かりやすく、簡単に説明できるブログを目指したいと思います。
 

Copyright© 冠婚葬祭おたすけブログ , 2018 All Rights Reserved.