初盆の提灯代はいくら包む?相場と贈り方をチェック

 
初盆の提灯代の金額と相場

スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -
ハルカと申します。 子供二人を子育てしながらパートに奮闘する毎日。 ご縁があって斎場で働いていますが、葬祭については初めて知る事も‥。 仕事の経験を活かして、冠婚葬祭のおやくだち情報を発信するサイトを作りました。 なるべく分かりやすく、簡単に説明できるブログを目指したいと思います。

初盆の時に、親族から盆提灯を贈る風習があります。

昔は提灯が多いほど、喜ばれる事も多かったんですよね。

でも、今は家の大きさも昔と違います。

仏壇と共に、提灯もコンパクトな物を一対だけ、という家も増えています。

もし盆提灯を辞退されたら、「御提灯代」として現金を贈りましょう。

この記事では、提灯代の相場と贈り方を紹介します。

初盆の提灯代「金額の相場」はいくら?

初盆の提灯代の相場はいくら?

もし、個人の家族から「盆提灯は必要ない」と言われたら、提灯代として現金を包みます

金額の相場は、故人との関係によって変わってきます。

地域や宗教によっても違うので、親族に相談してから金額を決めると安心ですね。

【提灯代の例】

祖父母:1万円~3万円
親族:5,000円~1万円
知人:3,000円~5,000円

遠方に送る時は、現金書留で送りましょう。

不祝儀袋のまま、現金書留封筒に入れます。

送る時期は、提灯を送る場合と同じように、お盆の前に到着するようにします。

初盆のマナー「提灯代」を贈る時の表書きは?

初盆の盆提灯代,不祝儀袋の書き方

初盆の提灯代を包む時は、不祝儀袋(ふしゅうぎぶくろ)」に入れます。

水引は双銀、藍銀や白黄で、結び切りの物を選びましょう。

あわび結びの水引でもOKです。

【提灯代の不祝儀袋 表書き】

初盆の提灯代,不祝儀袋の書き方

表書きの上の段には「御提灯料」または「新盆献灯料」と、黒の筆ペンで書きます。

提灯代など、◯◯代と書くと失礼になるので注意しましょう。

下の段には、送り主(自分)の姓名を書きます。

夫婦で包む場合は、連盟で書きます。

少し右側に「夫の姓名」を、そのすぐ左側に「妻の名前」を書きます。

妻の姓は無くても大丈夫です。

【提灯代の不祝儀袋 中袋の書き方】

お盆の提灯代,不祝儀袋の中袋の書き方

中袋がある場合は、裏面に「金額」「住所」「姓名」を書きます。

裏面の右下に金額を、左下に住所と姓名を書きます。

お札を入れる時は、肖像がある側が表面に来るように入れましょう。

中袋が無い場合は、それに代わる封筒にお金を入れてから、不祝儀袋に包みます。

不祝儀袋は、包む時の上下の順番に気を付けます。

一番最後に折る面は、上からかぶせる所になります。

「悲しくてうつむく(下を向く)」と覚えると良いですよ。

旧字体(漢字)

不祝儀袋の金額は、旧字体の漢字で書くのが一般的です。
難しい場合は、通常の漢字でも問題ありません。

 

一 → 壱

二 → 弐

三 → 参

五 → 伍

万 → 萬

円 → 圓

(例)

3,000円 → 金 参阡円
5,000円 → 金 伍阡円
10,000円 → 金 壱萬円
30,000円 → 金 参萬円

 

まとめ

お盆は、故人の魂が戻ってくる特別な行事です。

中でも初盆は、思い入れも強いですよね。

盆提灯は、故人の魂が迷わず戻ってくるように目印として置きます。

盆提灯を贈る事も多いのですが、辞退された場合は、「御提灯代」として現金を贈りましょう。

郵送する場合は、現金書留で送る事も忘れずに。

お盆に間に合うように送ると良いですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハルカと申します。 子供二人を子育てしながらパートに奮闘する毎日。 ご縁があって斎場で働いていますが、葬祭については初めて知る事も‥。 仕事の経験を活かして、冠婚葬祭のおやくだち情報を発信するサイトを作りました。 なるべく分かりやすく、簡単に説明できるブログを目指したいと思います。
 

Copyright© 冠婚葬祭おたすけブログ , 2018 All Rights Reserved.